中国観光日記

故宮

西太后,清朝,溥儀

▲故宮の正門、天安門です。1949年、毛沢東主席は、天安門で中華人民共和国の独立を宣言しました。

 

北京故宮は、南北の長さ961m、東西の幅753m、面積は約725000m2で周囲は幅52m の護城河に囲まれています。

 

元の時代にがつくられたものを明の成祖永楽帝が1406年から改築し、1421年に南京から北京へ都を遷してから、清朝滅亡まで宮殿として使われました。

 

映画ラストエンペラーで有名なシーンでおなじみの、1908年12月に、西太后が光緒帝の後継者として愛新覚羅溥儀を指名したことにより、溥儀はわずか2歳10か月で皇帝に即位させられ、清朝の第12代宣統帝かつ紫禁城に居を構える最後の皇帝となりました。

 

▼太和殿

西太后,清朝,溥儀


幻のスターバックス

西太后,清朝,溥儀

▲以前、故宮内にあったスターバックスです。

3回くらいこの店でコーヒーを飲んだ記憶があります。

 

周りの景観に合わないということで、2007年7月4日に撤退しました。

今となっては、貴重な幻の1枚です。

 

次に入っているのは、中国資本のコーヒーショップです。

あまり変わり映えはしないと思うのですが?

 


天安門広場

西太后,清朝,溥儀

▲天安門広場は、天安門と大きな道路を挟んであります。

天安門広場に集まれるのは最大50万人とも80万人とも言われています。

天安門広場が霞んで見えています。

 

■現在は大型モニターが配置され、広場の視界をさえぎるようになっています。

西太后,清朝,溥儀


故宮関連エントリー

故宮
故宮は清朝時代の栄華を象徴する建築物です。